「オリジナル小説」カテゴリーアーカイブ

[小説]KEMOMIMI FANTASY

「鷹の旦那様、どうぞごゆるりとなさいませ」
「ああ」

手渡された鷹のマスクを被り、俺はステージ近くの席に陣取った。
周囲ではワインを飲み談笑しながら、ステージで思い思いに過ごす男の娘達を鑑賞していた。
俺はボーイから受け取った白ワインを飲みながら男の娘達を見つめた。
白い衣装を纏い、ひと際高い場所にその子がいた。
その顔は男とは思えない程に色気があり、体つきはしなやかそうでまるい。
お尻から伸びた白い尻尾はゆらゆらと揺れて、伏し目がちな瞳は淫靡に濡れていた。
白い手袋を付けたように見える手先は柔らかそうな肉球が垣間見えていた。

「マスター、あの子を頼む」
「金貨15枚です」

下男にステージの裏へと連れ込まれる男の娘を尻目に、俺はマスターへと金を払った。
身なりがそこそこきれいな下男が裏の扉を開き、俺を奥へと招きいれた。
下男の照らす道を進むと、行く先々にある右手のドアから小さな喘ぎ声が漏れ聞こえていた。
下男がある扉の前に停まり、袖から金色のカギを取り出し開けた。

「このロウソクの火が燃え尽きる頃、お迎えにあがります。ごゆっくりお楽しみください」

下男は2本のロウソクに火をつけると片方のろうそくを俺に渡した。
ロウソクはランプの中に仕舞われてゆらゆらと怪しく煌いていた。
扉の向こうには、ベッドの上に肌が透けて見える薄衣を身に纏いさっきの男の娘が座っていた。
俺は肩のマントを外し、クローゼットの近くに控えていた下女に渡す。
伏し目がちになっている男の娘の頬は紅潮していた。

衣服を脱ぎ去りベッドに腰を下ろすと、男の娘はとてとてとベッドの上を四つん這いで歩いてきた。
その鳶色の瞳は淫靡に濡れていた。
部屋の壁に映る男の娘の陰は黒い大きな猫の様だった。

彼の白い耳は頭の上にあり、ランプのオレンジ色の光に照らされて金色に見えた。

 

次回→10/22!

[小説]新人男の娘と乱れたい4

「ごめんな。かけちまった」

俺としたことがやってしまった。
彼女は頬についた白いモノを触りちょっと茫然とした様子だったが「コンドーム忘れてました」と笑いながら言った。
彼女はポケットからコンドームを取り出すと口で封を切り、コンドームをくわえた。
彼女は俺のモノに唇を落とし、口で俺のモノにつけた。

「パパ? 私もう我慢できない。お願い、入れて?」

燃えた。萌えた。もえた。

俺はできるだけ真摯に、紳士にふるまおうとしたが、もはや変態紳士でしかなかった。
彼女のアナルにモノを宛がうとゆっくりと腰をいれた。
まだ硬い。だがゆっくりと腰を動かすと解れていく。
俺の太いモノはまだ先っぽが入りきらない。
けれど彼女の「あ……あ……」という色っぽい声が耳に残る。
焦ってはいけない。焦ってはいけない。
そうは思っても腰の動きはどんどん速くなってしまう。
ダメだ。ダメだ。セッ〇スは1人でするものじゃないのだ。

腰の動きを自制する。
ようやく先っぽが半分まで入った。
もう少し。
俺のモノで彼女のアナルをこねるように動かす。
少しづつ埋まっていく。
苦しくはないだろうか?
痛くはないだろうか?

カリ首を超えた。
腰がずずずっと沈んでいく。
彼女は「あ……」と吐息を漏らし気持ちよさそうだ。

しばらく俺は彼女の中に納まったモノを動かさないでいた。
彼女のアナルが俺のモノの形を覚えるまで。
彼女のアナルが動いても大丈夫になるまで。
俺は彼女の唇を奪い、唾液の甘味を感じていた。

「パパ……パパのモノ……熱い……でも気持ちいい……」

彼女は熱を帯びた目で俺を見つめた。
彼女の顏には俺のザーメンがついていたがそれは気にならなかった。
いや、むしろ興奮していた。

綺麗な彼女の顏を汚しているのが俺のモノであること。
彼女が俺のモノを受け入れていること。
彼女はもはや俺のモノである気にすらなった。
彼女は俺の娘だ。俺の娘なのだ。

「動いてもいいか?」

俺が声をかけると彼女はこくんと頷いた。
俺はゆっくりと動いた。
彼女の温かいお腹の中は俺のモノに絡みつき引っ付いてくる。
ゆっくりと動かすとどんどんととろけていく。
熱いゼリーの中で俺のモノがとろけていく。
腰の動きはどんどんと速くしてしまう。
もう止められない。

わずかに残った理性が彼女の弱い部分を探していく。
浅いストロークから一気に深く潜らせていく。
1番反応がいい部分を狙い撃ちする。
差し出されたお尻をぱんぱんといい音を立てながら打ち付けていく。

彼女の高まる声に俺も高まる。
「もう我慢できない」
「わ……私も……」
「それじゃあ一緒にいこうか」
「う……うん……」
「いくよ。いっせーの……せ!」

俺の頭の中は真っ白に染まった。
彼女のペニクリも白い噴水を作っていた。
ところてんだ。


←前回

 

[小説]新人男の娘と乱れたい3

「人差し指が入るようになったよ」

声をかけると俺のモノをくわえる力が強くなった。
彼女のゾウさんをくわえるのはもう止めていたが、彼女はそれに気づかず夢中でしゃぶっていた。
彼女のアナルは大分とろとろになっていた。
だけれどまだ俺のモノが入るような大きさじゃない。
もっと柔らかくして、広げないといけない。
そうしないと痛くしてしまうからね。
ぐにぐにと人差し指をくねらせていくと、アナルに空気がまじりくちゅくちゅと湿った音が室内に響いた。

「エロいね」

彼女の腕が俺の腰に回された。彼女の口に俺のモノがのどにささる程深く入り込んだ。
俺のモノを飲み込むことで恥ずかしさをごまかしているつもりなのだろうか。
俺は人差し指に加えて中指を入れた。
2本入れるとまだまだ窮屈だ。3本は入れられるようにならないといけない。

「くちゅくちゅ」

音を声に出すと俺のモノを甘噛みされた。
痛くはないけれどこそばゆい。気持ちいいが。
初めの緊張はもう感じない。こねればこねるほどにどんどん柔らかくなっていく。
ただもう興奮が止まらない。もう我慢できない。

「そろそろイクから1回外に出すよ」

俺は声をかけたが彼女の口は離れなかった。
口に出してしまいたい。
そう思ったがそれはルール違反だ。
名残惜しいが無理やり引き抜こう。

「むぅぅぅ」

彼女の鼻からこぼれる不満そうな声と共に俺のモノを逃がさないように強烈なバキューム。
それでもそれに抗うように一気に引き抜く。
バキュームで増幅された引き抜く時の強い反発。
温かい口の中から冷たい外気にさらされていく。
敏感な部分を彼女の歯がこすっていく。
名残惜しそうに俺のモノの割れ目を彼女の舌が刺さり追い打ちをかけられた。

「うっ」

俺はギリギリだが彼女の口からモノを抜けた。
だが彼女の顏に思いっきりどぱっとかけてしまった。
彼女の顏は俺のザーメンで白く化粧されてしまった。


←前回

次回→

 

 

[小説]新人男の娘と乱れたい2

「可愛いな。君は」

俺はまたぎゅっと思い切り抱きしめた。彼女の体は柔らかかった。

「なぁ、キスしてもいいか?」

彼女はためらいがちにこくんと頷いた。
彼女の唇は柔らかかった。彼女の唇を俺の舌で割り、彼女の歯に舌を這わせた。
甘い唾液をすすり、彼女の舌を絡めとる。
くちゅりくちゅりと息継ぎの度に空気が混じる。
左手をゆっくりと服の下に潜らせるとお腹に触った。
彼女の口から「あ」というか細い声が漏れた。
へそに触りながら彼女の舌を弄び続けた。

「なぁ、お尻触ってもいいか?」

彼女の了解はもう確認していなかった。
右手を前からパンツの中へと潜り込ませた。
一瞬、男の娘の男の娘たる部分が手に当たった。
袋の部分をちょっと触ると「ひゃん」という可愛い声が彼女の口からこぼれた。

「なぁ、竿が大きくなってきてる。興奮してる?」

彼女の顔が赤くなり、竿がどんどん硬くなっていく。
竿を右手でしごくと「やん」という声が漏れた。
彼女のスカートとパンツを右手でゆっくりとおろしていく。
徐々に空気にさらされて、小さくも赤く腫れた竿が見えていった。

「大きいね」

彼女の顔はどんどんと赤くなっていく。
興奮している彼女の小さなゾウさんも鼻を高々と持ち上げていた。

「なぁ、食べてもいいか?」

彼女は何も言えなかった。
ただ手で顏を隠した。
彼女のゾウさんに舌を沿わせると「あ……あ……」という声が漏れていく。
彼女のアナルを左の人差し指でこねる。
まだ硬い。もう少しこねないといけない。
「なぁ、俺のもやってくれないか?」

俺はズボンとパンツをおろすと俺のモノがボロンと出た。
彼女の顏が一瞬固まった。
俺が彼女の体を軽く押すとあまり力を入れていなかったが、その体はベッドへぽすんと軽い音をたてて倒れた。
彼女の体に覆いかぶさり、彼女のゾウさんを口にくわえると、やがて湿った感触が俺のゾウさんにきた。
おずおずとぎこちなく動く舌の感触を受けて、思わず引けそうになる腰を抑えた。
俺が彼女のゾウさんをなめる動きに合わせて、彼女の舌の動きが一生懸命に真似をするように動く。
また彼女のアナルに指を這わせてこねると少し湿り気を感じた。


 

←前回

次回→

[小説]新人男の娘と乱れたい1

「今日は宜しくお願いします」

黒い長い髪が肩からはらりと零れ落ちた。あげられた顏は凛としていた。けれどその肩は少し震えていた。
俺はその肩に手を回しベッドへと誘った。彼女はまだ新人であり慣れていないのだ。ゆっくりとリードしなければいけない。
女性ホルモンを打ち体つきがより女性らしくなったニューハーフ。ニューハーフ歴が長くなるほど肌のきめが細かくなったり、毛髪が細くなったり、胸やお尻に脂肪がつきやすくなり体つきが丸くなる。だが歴の浅いニューハーフは特段男の娘と違いはない。見た目はどちらもとても男とは到底思えない。
事情は知らない。知ってはいけない。事情を知ることはいけないのだ。ただ新人の男の娘だ。そういうことに興味があっても経験自体少ないのだ。まだ知らない経験を彼女に積ませるのが俺の役得だろう。
ベッドに腰を下ろした彼女の隣に腰を下ろすと、腕を彼女の背中に回し、その白く細い手をつかんだ。彼女はできるだけ俺の動きに身を任せようとしているが、筋肉が強張っていて動きが鈍い。

「緊張してる?」

俺が彼女に声をかけると彼女はためらいがちにこくんと頷いた。慣れないものは緊張するのは仕方がない。声を少しでもかけてあげれば彼女の体調を気にしているというアピールもできる。セッ〇スは1人ではできない。1人でするならオナホやラブドールでも別に変わりはないのだ。一緒に気持よくなるからこそ興奮する。そういうものだろう?
いきなり衣服を脱がすのは素人だ。興奮するには段階がある。まずはお互いにエッチな気持ちにならないとな。

「何か好きなものはある?」

彼女に尋ねると一瞬「え?」という声を漏らした。高めの声が可愛い。普通の男の娘よりも若干声が低い。まぁ、でも普通の男よりもずっと声が高い。

「そうだな。何か好きな飲み物はある?」

もう少し具体的な内容に踏み込むと彼女は目線を斜め上にさまよわせて考え込んだ。そして少しためらいがちに「……ミルクセーキが好きです」と言った。

「ふぅん? いいね。甘いの好きなの?」
少し照れたような感じで「えへへ……」と彼女は笑った。
まだあまり心を許してくれてないな。まぁ、初対面のおっさん相手だとなかなか難しいよな。

「俺はコーヒー好きなんだ。マックスコーヒー」
本当は甘い奴よりブラックの方が好きだが、それはもっと親しくなってきてから言おうか。今は共通の話題を作り、彼女の心を解すことが重要だ。
「あのコーヒーってもう砂糖水と言っても過言じゃないんだけど、対外的にコーヒー飲んでますって言えるのがいいよね」

彼女の表情はちょっと柔らかくなってきていた。彼女の体も最初に比べて大分緊張が解けて柔らかくなってきていた。
彼女は「えっと……その……」と口ごもりながら俺の方に顔を向けた。

「俺は田中でいいよ? あ、なんならパパでもいいよ?」

「はい、パパ?」

ためらいがちに言われたその言葉。俺は思わずぎゅっと抱きしめてその頬にキスをした。

 


この度、新しく事務員として入りました「黒井きの」と申します。エロい妄想大好きです。真面目なことしか口に出せないのに、頭の中ではエロエロな、ド変態です! 今後とも宜しくお願いします!

 

次回→10月5日公開済み!